ホーム > 企業情報 > 当社の姿勢 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

イメージ写真

(1)ディスクロージャーの基準

当社では、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)の定める適時開示規則に沿ってディスクロージャー(情報開示)を行なっております。投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解して頂く為に有効と思われる情報は、積極的かつ公平に開示する方針です。

(2)情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、TDnet (Timely Disclosure Network:適時開示情報伝達システム)にて公開するとともに、発表後は速やかに当社ホームページへも情報を掲載いたします。ただし、システム準備の都合上、これら情報の当社ホームページへの掲載が遅れることもあります。適時開示規則に該当しない情報につきましては、適時開示の趣旨を踏まえて、適切な方法により正確かつ公正に当該情報を株主および投資家の皆様に伝達いたします。

(3)将来の見通しについて

当社では、当社が株式上場している東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に提出する業績予想に加えて、その他の方法により、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。また、ニュースリリース、当社の発行する書面、ホームページ記載内容、決算説明会等における質疑応答等には、計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき当社が合理的と判断したものですが、リスクや不確実性を含んでおります。実際の業績については、さまざまな要素により、これらの見通しとは異なる結果となりうることをご承知おき下さい。

(4)本ホームページの位置付け

本ホームページは、インターネット上で当社の情報を閲覧されたい方々を対象に開かれております。当社では、インターネットやe-mail等の情報ツールを利用した情報開示はあくまで補助的なものとして位置付けております。本ホームページには当社が開示している情報のすべてが掲載されていない場合があり、また、他の方法で開示された情報とは異なった表現がされている場合もありますので、これらのことを十分にご理解いただいた上でご利用いただきますよう、お願いいたします。

(5)IR自粛期間について

当社は、決算情報の資料準備期間中に株価に影響を与える可能性のある情報が漏れることを防ぐために、決算発表前3〜4週間程度を「IR自粛期間」と定め、決算に関するコメントや質問への回答を控えております。ただし、自粛期間中でありましても大きく予想を外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い、適宜公表することといたします。

(6)ディスクロージャーポリシーの遵守

当社は、社員全員に本ディスクロージャーポリシーを徹底し、遵守いたします。また、当社連結子会社においても本ディスクロージャーポリシーを適用し、グループ全体として徹底し、遵守いたします。