ホーム > 採用情報 > 先輩紹介 > 情報システム・経営企画部門

先輩紹介

情報システム・経営企画部門

Y.T写真

氏名:Y.T

入社年月日:2007年4月
所属部署:情報システム室
出身校/専攻科目:栃木県立県北高等技術大学校/通信エンジニア科
座右の銘:『一生懸命、一発逆転』

先輩のアドバイスが励みに

どんな仕事をしていますか?

私は情報システム室に所属しています。現在は内部統制プロジェクトに参加し、システム改修に伴って帳票を出力するプログラムを作成する仕事を行っています。

仕事上でのやりがいは何ですか?

Y.T写真帳票(レポート)印刷システムの作成作業では、システム改修により新しいシステムを再構築することになったため、既存のシステムを改修する担当者として、私が選ばれました。
初めてシステムを見た時は大変驚きました。それは、今まで私が専門学校で扱ってきたシステムとは違い、想像も出来ないくらいの量のプログラムが組み込まれていたからです。正直これを全て把握するのは難しいと感じましたが、期間も定められていたのでどうにかするしかないという思いで取り組みました。
まずはプログラムについて把握する作業から始めました。初めはプログラム作成の知識がまったく足りず、さらには業務自体も理解することが出来ていなかった為スムーズに仕事が進みませんでしたが、先輩の指導の下、業務を知り、その業務に合ったシステムを作成する中で、帳票がひとつひとつ出来上がるたびに楽しさや達成感が沸いてくるのがわかりました。
システムはユーザが使いやすいように考えて作れば良いものになる、と先輩は話していました。私は、初めはユーザの言われた通りに作成すれば良いと思っていましたが、システムを作成していくにつれて、こうしたほうが使いやすいのではないかなど気づくことも多々ありました。アドバイスや丁寧に教えてくれる良き先輩に恵まれたおかげで、大変な仕事でも楽しく出来ています。

これが入社のきっかけ

私が入社を決めたきっかけは、自分がやりたい仕事で一番条件にあっていると思ったからです。
まず初めに仕事を選定するにあたって、情報処理関係の専門学校で勉強をしてきた成果を活かすため、ネットワーク・情報処理等の分野で仕事ををしたいと決めておりました。
私自身、車の運転が好きということもあり、製造業のネットワーク・情報関連の仕事につきたいと考えていて、その中で、様々な自動車メーカーの部品をトップクラスの技術力で製造している当社を見つけだし、会社としての成長性の高さがあるということも決め手となり、自分のやってきたことを生かせると思い当社に決めました。
現在行っている帳票システムの作成をすることで、業務の手間・負担を減らせればと思います。最終的にはこの仕事をしながら、切磋琢磨し、自分のスキルが向上していくように努力したいと思います。

あなたの就活体験談を聞かせて下さい

正直に言って、厳しかったです。私の専門学校は2年制だったので、期間が大学生と比べて短く、早い人では1年の前半から企業見学に出かけたり、面接を受けたりしていたのですが、私は周りが就職活動をしていても他人事のように捉え、ほとんど活動をしていませんでした。
そうしているうちに時間は過ぎ、あっという間に周りは内定をもらい始めていました。さすがに焦り、遅すぎる就職活動を始めましたが、そのせいで自分がやりたいと思える仕事が中々見つからず本当に苦労しました。ですが、これから自分が仕事をしていくわけですから、きちんと納得できる会社に入ることが一番大切だと思い、絶対に諦めないと誓いました。その時自分が就職活動で使ったのは、合同セミナーや直接の電話などです。合同セミナーで色々な会社を回り話を聞いて情報収集をしましたが、これが私には非常に有効でした。そうした活動をしてみて、就職活動には積極性も重要だと感じました。
最後にこれから就職活動をする皆さんへ言っておきたいことは、遊びも大切ですが、自分がやりたい、自分に合っていると思われる職業をまず見つけ、そしてその職業から自分が働きたい会社を探し、自分が一生その会社で働けるのかを良く考えて、より良い仕事場を探して欲しい、ということです。

これからの抱負を一言!

私はプロジェクトメンバーとして活動を行っています。1年目で大きなプロジェクトに携わっていられることは大変光栄ですが、責任も重大です。このプロジェクトが無事に成功するよう、自分に与えられた帳票システム等の仕事をしっかりと終えることがまず第一の目標です。
そして、システム作成におけるスキルをアップさせ、先輩方の足を引っ張らないよう、なるべく早く手助けが出来るように頑張っていきたいと思います。

このページの先頭へ

氏名:T.K

入社年月日:1995年4月
所属部署:経営企画室
出身校/専攻科目:日本大学/生産工学部 管理工学科
役職:次長

経営企画は幅広い仕事

どんな仕事をしていますか?

経営企画室の仕事をしています。単に経営企画といっても、予算計画・統制が主なルーチンワークであり、その他諸々のプロジェクト参画や問題解決を行っている部署です。
更に、情報部門も一部ありますので、情報システム作成の要件定義も行っております。また、異色ではありますが、情報関係と合わせて物流構築も行っており、幅広い仕事をしております。

現在のキャリアに至るまでの過程で、自分にとって糧となったことは何ですか?

自分にとっての糧になったことは、営業時代、客先の設計課長を怒らせて出入り禁止になったことです。ちょっとしたすれ違いで情報がうまく伝わらず、客先が怒ってしまい、大きな受注案件がもうすぐ獲得できそうなときに失注するかもしれない状態でした。
とにかく謝り続け、上司にも同行してもらい、最終的には許して頂き受注も獲得出来たので事無きを得ましたが、本当に冷や汗をかいた事件でした。
その後、メールやFAXでは背景を確定する事柄を入れるようにしましたので、今では読みにくい文章とよく言われます。

この会社の魅力を教えて下さい

成長路線であり、大きく拡大が見込まれていることです。この拡大は国内だけでなく、海外でも4工場(北米2社、東南アジア2社)設置されており、グローバル展開されています。このため、人材登用も積極的であり、新人・中途関係なく、色々な部署に登用されています。

学生へメッセージをどうぞ

拡大路線で人材が不足していることもあり、仕事を積極的にやりたいという希望を持っている方は、やりがいの有る会社だと思います。当社は超一流企業ではない故に、学閥もなく、学歴よりも能力で判断される会社です。能力を試したい人は、是非とも当社に来て下さい。